手術用リネンリユースシステム|NEXSURG. サービスのご案内

ハイブリッドシステム|HYBRID SYSTEM

再利用(リユース)と使い捨て(ディスポ)を組み合わせた、新しい供給システム。手術において、使い捨てになるものと再利用が可能なものを併用することによって、「環境負荷軽減」と「コスト削減」を可能にする。それが、弊社が提案するハイブリッドシステムです。

 

再利用と使い捨ての新しい出会い「ハイブリッドシステム」

リユースパック

施設ごとに術式パックのご提案をいたします。

リユースパック

再生可能製品

※使用する順序に合わせて、セット組みされています。

ディスポ消耗品パック

柔軟なキット構成を可能にしました。

ディスポ消耗品パック

診療科術式に応じた消耗品を滅菌パッケージ

セーフレットキャス/チップクリーナー/シリンジルアチープディスポーザブルスカルペル/替刃メス/外科用強彎針角針2号/シルクブレード/ポリテープ綿球/ポリプロピレン手付ビーカー/XPガーゼ(黒線)等


コストが明確|費用対効果を検討しやすい|共有使用できる術式検討が可能|大量購入しなくてよい|保管スペースの縮小が期待

【特徴】医療廃棄物の削減|煩雑なピッキング作業の省略|柔軟なキット構成、高い機能性 【効果】廃棄コスト削減、病院機能評価への対応|業務効率化|医療サービスの品質向上

 
 

従来の供給とハイブリッドシステムの比較

従来の供給スタイル(すべて使い捨て製品)

院内で材料ごとに単品発注し、管理・ピッキング作業の工程を行います。一定のロット発注にのため、未使用材料が発生することにより、在庫管理が必要となります。

手術に必要な商品がカスタマイズされたパック。ピッキング、在庫管理が軽減できた反面、材料購入費が増加し、コストパフォーマンスが悪くなりました。


新しい供給スタイル提案|ハイブリッドシステム|使い捨てをしてきた不織布の製品をリユースに変更することにより、価格を抑え環境に配慮したシステムです。

【リユースパック】再利用可能なガウン・器械台カバー・ドレープ類 + 【ディスポ消耗品パック】診療科術式に必要なだけピッキングした消耗品材料

ハイブリッドシステム(リユース+ディスポ)の経済性比較グラフ

 

↑PAGE TOP